【0円が消滅して改悪か?】楽天モバイルの新プラン、「Rakuten UN-LIMIT VII」を解説

キャリアでありながら毎月0円~で利用できることがメリットとなっていた「楽天モバイル」。

提供プランが1プランのみというシンプルさも人気ですが、ついに毎月0円が撤廃されることになってしまいました。

毎月0円~で使える競合である「povo」へユーザーが流れる現象も起きており、今後楽天モバイルの営業に0円撤廃がどのように影響するのかも注目されます。

今回は楽天モバイルの毎月0円撤廃の概要やその他の変更点をご紹介していきます。

楽天モバイル新プランRakuten UN-LIMIT VII!毎月0円で使えないように

楽天モバイルは2022年5月13日、新プランである「Rakuten UN-LIMIT VII」を発表しました。

既存ユーザーは2022年7月1日から自動でプランがアップデートされ、これ以降に契約する方も自動的に最新のプランが適用されることになりました。

楽天モバイルは基本的に、キャリア(MVO)として「Rakuten UN-LIMIT ギリシャ数字」で1プランをアップデートして提供しています。

今回はギリシャ数字で7ということで、6回目のアップデートとなっています。

ちなみに今まではアップデートにより

  • au回線テザリング容量追加
  • 5G回線追加
  • データ使用量に関係なく無料から、毎月1GB利用までは無料に変更

といった内容を追加してきました。

つまりアップデートによってよいことも悪いことも両方起きるのがポイントです。

そして今回の変更は正直言うと節約層にとっては厳しめの内容となっています。

一番話題となったのは「毎月0円の廃止」です。

従来は「毎月1GB未満の利用は無料」となっており、工夫すれば0円でも使えるようになっていました。

しかしRakuten UN-LIMIT VIIでは、「毎月1GB未満に抑えても1,078円」が掛かるようになってしまい、毎月0円の魅力を享受できなくなっています。

楽天モバイルでは救済策として

  • 2022年7月1日~8月31日:1GB未満までは無料継続
  • 9月1日~10月31日:楽天ポイントの還元によりほぼ毎月0円~で利用可能

としていますが、結局は11月1日からは毎月1,078円~になってしまうので注意しましょう。
 

楽天モバイル新プランRakuten UN-LIMIT VIIのポイント!0円撤廃以外にも注意点あり

楽天モバイルの新プラン楽天モバイル新プランRakuten UN-LIMIT VIIでは、0円が撤廃される以外にも変更点があります。

これから契約する方もすでに契約している方も、変更点を押さえてアップデートへ備えておくと安心です。

ちなみに次の内容は同じとなっています。

  • 楽天リンクを使って通話・メッセージを行うとその分は無料
  • 基本のデータ使用量料金上限は毎月3,278円
  • au回線エリアは5GBまで、海外回線エリアは2GBまで高速通信を利用可能

ここからは毎月0円撤廃以外の変更ポイントをご紹介していきます。

10分(標準)通話かけ放題オプションが10分→15分へ変更

従来の楽天モバイルかけ放題オプションは、毎回10分までで1,100円にて利用できました。

それがアップグレードによって料金据え置き、15分までかけ放題に変更になります。

ちなみに2022年7月1日~9月30日の期間中は無料で利用可能です。

既存利用者も同じ期間は無料で利用できます。

楽天メールがスタート

楽天モバイル専用の公式メールサービスも2022年7月1日から無料で提供開始されます。

ユーザー名+@rakumail.jpの形式でオリジナルのドメインを作ってメールのやり取りができるようになる予定です。

「フリーメール送信ではじかれたことがある」といった方は、楽天メールを使えばそういったエラーが起きなくなる可能性はあるでしょう(メールサービスのルール(アルゴリズム)にもよるので今後どうなるか検証しないとはっきり言えませんが)。

気になる方は契約して使ってみてください。

楽天関連サービスでの優遇特典が追加

楽天関連サービスでの優遇特典も追加されます。

  • 楽天市場でのポイント付与率がさらに追加
  • 楽天ミュージックなどのサービスが最大3か月無料になる

楽天市場で普段買い物をする方や関連サービスと契約したい方には朗報かもしれません。

データチャージ金額金額が上がる

残念ながら、国内のau回線を利用する場合のデータチャージ料金が上がります。

  • 1GB:550円→660円
  • 2GB:1,100円→1,320円
  • 3GB:1,650円→1,980円

現在楽天回線のエリアカバー率は増加していますが、まだau回線エリアの方は注意しましょう。

また楽天回線への変更によりつながりにくくなる可能性がある点にも注意しておきたいところです。

povoにMNPするのもあり?楽天モバイル0円撤廃の対応策とは

楽天モバイルの毎月0円撤廃は、多くのユーザーから批判を集めています。

私も正直0円だから試験的に使っていたので、面倒はありますがMNPなども検討しているところです。

そこでここからは、同じようなことを考えている方向けに対応策をご紹介していきます。

価格面で競合のサービスと契約する

毎月1,078円程度掛かってもよいという方は、競合サービスと契約するのも有効です。

1,000円程度あるいはそれ以下の予算で毎月契約できるサービスは、

  • OCNモバイル
  • LINEMO
  • IIJmio

といったようにたくさんあるので選択肢が増えるでしょう。

またすでに楽天モバイルを契約していてMNPする場合は、乗り換えによってポイント還元やクーポンプレゼントといった特典が受けられるのでお得です。

楽天モバイルに見切りをつけて新しいスタートを切りたい場合はぜひ活用してみてください。

povoを利用する

私はサブ回線でpovoを利用していますが、こちらは今のところ毎月0円から使えるようになっています。

0円で毎月利用すると128kbpsでしか利用できないので実用性は低いですが、サブスマホがある方にとっては負担が掛からないのでおすすめです。

180日ごとに何かしらオプション(トッピング)を契約しないと利用停止になる恐れがあるので、そこに注意して利用すれば節約して使えるでしょう。

またpovoでは、GWといった節目に容量を無料プレゼントするキャンペーンを行っています。

過去には「謎解きに正解すると。300MBなどがもらえる」といった内容が提供されていますが、今後変わる可能性はあるでしょう。

最新情報をチェックして、povoで無料容量を追加する方法がないか模索してみましょう。

ちなみに指定店舗で指定金額以上をau PAYにて使うと、容量がプレゼントされるキャンペーンも継続で行われているので利用してみてください。
 
POVOについては過去記事でも紹介していますので気になった方は参考にしてみてください。
【実際の利用者が詳しく解説】povo2.0のメリット・デメリット!
povo2.0への申し込み方法!eKYC認証でオンライン申し込み
0円運用も夢じゃない!?「povo2.0」の画期的なプロジェクト「ギガ活」とは?
電子マネー決済はそのまま使える!povo2.0を0円で使う方法を解説
 

まとめ

今回は楽天モバイルの新プラン、Rakuten UN-LIMIT VIIについてご紹介してきました。

毎月0円撤廃が本当に痛いと思っています。

楽天モバイルからの契約変更を検討している方、また楽天モバイル以外と新規契約したい方が増えているでしょう。

毎月1,078円~というのは、それより安い価格で利用できるサービスが増えている今デメリットになります。

気になる方はpovoと契約するといった代替策で、何とか毎月0円~を維持することはできるでしょう。

楽天モバイル以外にも契約の選択肢がある点にも留意して、自分に合った携帯プランを見つけましょう。

 

 

【関連する人気記事】

\ SNSでシェアしよう! /

アンドロイド辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アンドロイド辞典の人気記事をお届けします。

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

businessofd

クラウドワークスで、フリーランスとして活躍中。
今まで培ってきたITの知識や技術を活かして、さまざまな記事を執筆しています。

AppleよりはAndroid派で、オープンソースという性質上さまざまなAndroidが存在するのも魅力だと思っています。
最近のマイブームはキャッシュレスアプリで、コンビニなどで待たずにサッと決済できる利便性は手放せません。
Androidにさまざまなキャッシュレスアプリを入れて、メリット・デメリットを比較しながら使うのがクセになっています(笑)。

人気の記事

  • 格安でよいスマホを手に入れよう!Android白ロムスマホの選び方

  • 実際の評判はどうなの?Twitterで楽天モバイルの口コミを調べてみました【Android】

  • 0円運用も夢じゃない!?「povo2.0」の画期的なプロジェクト「ギガ活」とは?

  • 楽天モバイルの人気スマホ!Rakuten Handをレビュー

  • 電子マネー決済はそのまま使える!povo2.0を0円で使う方法を解説

  • 安さが魅力の格安SIM!今使っているAndroidスマホで利用する際の注意点まとめ