EST(静電ドライバ)搭載の格安イヤホンCCA NRAレビュー

イヤホンは日々進化し、新商品には常に新たな技術が導入されています。

ここ数年で話題になったイヤホンの新技術の1つに「静電式ドライバ(EST)」があります。

 

ESTは10万円以上する非常に高価なイヤホンで採用されている最近技術ですが、

なんと、その静電ドライバを採用したイヤホンが3,000円以下で買えるようになりました!

 

今回は、低価格で静電ドライバを搭載した初のイヤホン「CCA NRA」をレビューします。

 

CCA NRAの基本情報

CCA NRAは1DD(ダイナミック・ドライバ)+1EST(静電ドライバ)構造のハイブリッドイヤホンです。

通常のDDとBA(バランスド・アーマチュア)を使用するハイブリッドイヤホンとは異なる構成ですが、

2種類のドライバを使用しているため、ここでは同じくハイブリッドイヤホンと呼ぶこととします。

 

CCAはKZのサブブランドにあたるメーカーです。

イヤホンの技術や販売ルートは共用していると思われます。

 

CCA NRAは先述の通りESTを使用している低価格イヤホンです。

 

カラーは上記写真1色のみです。

エメラルドグリーンの本体に、シルバーのプレートがついています。

製品名 CCA NRA
メーカー CCA(KZ)
ドライバ 1DD(10mm、3重磁気)+1EST(6.8mm)

リケーブル可能

CCA NRAは、他のKZ系イヤホンと同じくリケーブルが可能です。

ただし、KZ系イヤホンで採用されている特殊な形状のコネクタを持つケーブルが必要なため注意が必要です。

日本でおなじみのリケーブル規格、MMCXには対応していません。

 

CCA NRAに対応するコネクタ形状は以下の通りです。

  • 0.78mm 2Pin(非推奨)
  • 0.75mm 2Pin(非推奨)
  • QCD 2Pin(推奨)

0.78mm 2Pin、0.75mm 2Pin共に一応対応していますが、故障の原因になるため非推奨とさせていただきます。

基本的にKZ系のイヤホンをリケーブルする際は「QDC 2Pin」のケーブルを選択しましょう。

ストアによっては単に「2Pin」と書かれている場合もあります。

 

CCA NRAは低音が強いイヤホンなので、銀メッキ線や純銀線で高音を強化するのが良いかもしれません。

 

音質について

CCA NRAはESTを搭載しているハイブリッドイヤホンです。

ESTはイヤホンでは最新技術ですが、スピーカーやヘッドホンでは古くから用いられてきた技術です。

 

そんなESTの音質での特徴は、「ブレのない音」「解像度の高さ」「高音が得意」といった点が挙げられます。

 

CCA NRAもESTを採用しているため「ブレの無さ」や「解像度の高さ」は同価格帯のイヤホンを大きく上回ると感じました。

しかし、「高音が得意」という点では、少し違うなと感じます。

 

確かに、CCA NRAはESTを搭載しているため非常に良い高音が出ます。

しかし、それよりも3重磁気のDDが強力な低音を出しているため非常に低音が強いイヤホンに感じます。

 

低価格イヤホンとしては非常にコスパが高く音質も良いのですが、

ESTの特徴を前面に感じたい人にとっては「思っていたのと違う」と感じてしまうかもしれませんね。

 

イヤピースは交換推奨

CCA NRAのイヤピースは以前レビューしたKZ SK10と同じく安っぽいペラペラのイヤピースが付属しています。

 

CCA NRAの音質や装着感を高めるために、イヤピースの交換をおすすめします。

筆者はKZ SK10と同じく、Spinfit CP100+というイヤピースに付け替えています。

 

CCA NRAは元から低音が強すぎるくらいなので、コンプライのイヤピースはあまりおすすめしません。

 

悪質クラウドファンディングに注意

今回紹介したCCA NRAは、3,000円以下で購入できるイヤホンです。

また、9月の上旬頃から日本でも販売されていました。

 

そんな中、9月末になり急にAmazonでの販売が停止されてしまいました。

原因は、「悪質クラウドファンディング」が「販売権を独占」していたことでした。

 

そのクラウドファンディングでは、3,000円以下のCCA NRA を、

「早期購入割引で4,500円」で販売していました。

 

海外製品のクラウドファンディングは普通に行なわれているものなのですが、

今回は「既に販売している物」を「販売停止」してまで行なわれているため、

その悪質さが目立つ結果になってしまいました。

 

今後もこのようなクラウドファンディングが実施される可能性があります。

クラウドファンディングに投資する前に、

「その商品は既に売っているか」「適正価格より安いか」などをしっかりチェックしましょう。

 

ちなみに、現在CCA NRAは「早期割り引き価格」が終了し、4,500円から適正価格の2,700円でAmazonで購入できるように戻っています。

 

まとめ

今回は、低価格でEST(静電ドライバ)を搭載しているイヤホン「CCA NRA」をレビューしました。

 

CCA NRAはESTの特徴は出し切れていないものの、音質・つけ心地ともに非常に気に入っています。

 

3000円以下で購入できるので、試してみてはいかがでしょうか。
 

 

【関連する人気記事】

\ SNSでシェアしよう! /

アンドロイド辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アンドロイド辞典の人気記事をお届けします。

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

べすれい

べすれいと申します。
スマホゲームを開発している会社で働いていた経験があります。
AndroidとiPhoneを使用した結果、Androidに落ち着いています。
スマホゲーム開発の経験も活かし、スマホの便利情報をお伝えできればと思います!

人気の記事

  • Androidがイヤホンを認識しない!簡単に解決する方法

  • 【100均で買える】Androidスマホに使えるおすすめアクセサリーをご紹介

  • 【VGP2022金賞】インナーイヤー型イヤホン Soundpeats Air3 レビュー

  • 低価格で高音質なTWSイヤホン「KZ SK10」レビュー

  • Androidには「AptX」がおすすめ!? ワイヤレスイヤホンの音質を左右させるコーデックとは?