• TOP
  • 機種変更
  • 5Gとは?これからのAndroidスマホはどう変わる?今買うべきか検証

5Gとは?これからのAndroidスマホはどう変わる?今買うべきか検証

2020年3月より最新の移動通信システム「5G」のサービスがスタートしました。

4Gより速くなるというのは大雑把にわかるけど、具体的にどんなものなのかわからない…。

そんな人も多いのではないでしょうか?

今回は、5Gとは一体どのようなサービスなのか、5Gのサービスが始まったことでAndroidスマホはどうなるのか解説します。

併せて、今5G対応スマホを購入するべきなのかという点にも触れていくので、是非参考にしてください。

5Gとは?

5Gとは、これまでの4Gで提供されてきた高速・大容量通信がさらにパワーアップしています。

加えて、低遅延・多接続の特質を持った新世代の移動通信システムであり、圧倒的な高速通信を提供するサービスとなっています。

簡単に言うと、周波数を道路に例えると、4Gが2車線であったことに対し、5Gは10車線以上あると思ってください。

それだけ幅広い周波数帯なので、より多くのデータを一度に送受信することができるのです。

スマホやPCだけでなくIoTに対しても

声だけで家電が操作できたり、スマホをリモコンにして遠隔から電源のオンオフができるなど、スマート家電も普及しつつあります。

今後はさらにスマート家電、いわゆるIoT製品が普及されていくと思われるので、5GでIoT製品もより快適に使うことができるようになるでしょう。

5GになってAndroidスマホは変わる?

5G対応スマホも、既にいくつか発売されています。

では、5Gが普及されることによってスマホにも何か変化があるのでしょうか?

ストレージがより大容量に

4Gを超える大容量・高速通信に耐えられるスペックが必要となるため、RAMやROMなどのストレージもさらに大きくなります

現在発売されている5G対応機種の多くも、同時にアプリを起動できる容量であるRAMが8~12GBと、他のスマホと比べてもかなり高いです。

同時に、スマホにデータを保存できる容量であるROMも128GB以上の機種が多く、かなり容量が大きくなっています。

4Gの時以上に、サクサクとネットやアプリを使えるようになるのではないでしょうか。

CPUのスペックも高くなる

Androidスマホの多くに搭載されているCPUは「Qualcomm Snapdragon」です。

現在も5G対応の最新バージョンがリリースされており、データやグラフィックの処理速度も格段にアップしています。

画面サイズや画質・ゲーム性能などに特化したスマホが増える

大容量・高速通信が可能となる5Gなので、動画やゲームもこれまで以上に楽しむことができるようになります。

つまり、より大きな画面サイズや高い画質、ゲームの処理速度が大幅にアップするなど、画質やゲームに特化したスマホが増えると思われます。

普段から動画アプリやスマホゲームを利用している人にも嬉しいポイントではないでしょうか。

バッテリーの持続時間もさらに重視される

大容量・高速通信が常に行われると、その分バッテリーの消耗も激しくなります。

そのため、バッテリーの消耗を抑える・より持続時間を長くする・バッテリーの劣化を抑えるなどの機能を搭載しているスマホも増えている印象です。

ただでさえバッテリーの消耗が激しいスマホなので、5Gに対応するとさらに充電の持ちが悪くなると考えられます。

5Gをなるべく快適に使いたいのであれば、スマホの省エネ機能を重視して選ぶと良いでしょう。

価格も比較的高額に

すでにさまざまなメーカーから5Gスマホが販売されていますが、その多くは機種代金が10万円を超えています。

前章でも述べた通り、5Gになることでスマホ自体のスペックも高くせざるを得ないので、その分金額も高くなってしまうのだと思われます。

価格よりも性能にこだわりたい人は問題ないと思います。

しかし、スマホに10万円以上出すことに躊躇する人がほとんどだと思うので、少し敷居が高いかもしれません。

キャリアの料金プランもより大容量に

大手キャリアでは、使った分だけ料金が発生する従量制プランと、定額で使える大容量プランの2種類があります。

そして、データ通信量が無制限になったり50GBに加えて特定のアプリのデータ消費ゼロなど、さまざまな5G向けプランが登場しています。

大容量・高速通信の5G対応のプランなので、通信量も多くせざるを得なかったのでしょう。

より快適にたくさんのネットを使いたい人も5Gがおすすめです。

5Gスマホは今購入するべき?

すでに発売されている5G対応スマホですが、もうすぐに購入するべきなのでしょうか?

4Gもこれまで通りに使える

5Gのサービスがスタートしたからといって、4Gが使えなくなるわけではありません。

この先も4Gのサービスは続くので、現状4Gで満足している人は無理に5G対応スマホに変える必要はないでしょう。

5Gの対応エリアはかなり狭い

4Gがこれまでと変わらず使える一方で、5Gが4G並に通信エリアが広いかと言われるとそうではありません。

現在5Gに対応しているエリアの多くはオリンピック関連施設・各都道府県の主要な駅などです。

そのため、常に5Gに接続できるわけではありません。

通信エリアがかなり狭いのは否めないので、今急いで5Gスマホを購入する必要はないでしょう。

格安SIMはまだ使える会社が少ない

5Gのサービスに対応しているのはドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルのキャリア4社と一部の格安SIMのみです。

そのため、どの通信サービスでも利用できるわけではありません。

5Gを使う場合、サービスを取り扱っている会社へ乗り換えることが必要となります。

そこまで5Gを使いたい!というわけでもないなら、無理に乗り換えてまで使う必要はありません。

対応機種も安くない

前章でも述べた通り、5Gに対応している機種の多くは10万円を超えています

スマホの中でも高額の部類に含まれる金額なので、無理に購入する必要はないでしょう。

この先5Gがさらに普及して、使うことが当たり前になった時には機種代金の相場が下がる可能性もあります。

今急いで購入する必要はないでしょう。

エリアが拡大されるのを待っても遅くはない

結論、まだエリアが狭く日常生活の中で使うのはかなり困難だと思われます。

そのため、今すぐに急いで利用する必要はないでしょう。

エリアが拡大され、日常生活の中で5Gが当たり前になった時に機種変更や乗り換えを検討しても遅くはないと思われます。

まとめ

いかがでしょうか。

5Gは大容量・高速・低遅延の新世代移動通信システムであり、ネットを快適にたくさん使いたい人に非常に適したサービスです。

スマホも5Gに伴って性能が大きく上がっていますが、機種代金が高いことがネックです。

エリアもまだかなり狭いので、今すぐに5G対応スマホを購入する必要はありません

今後どんどんエリアが拡大していくと思うので、日常生活の中で5Gが当たり前になった時に乗り換えや機種変更を考えることをおすすめします。

 

 

【関連する人気記事】

\ SNSでシェアしよう! /

アンドロイド辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アンドロイド辞典の人気記事をお届けします。

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

杏奈

約3年間携帯ショップで働いていました。
現在はスマホ関係を中心にライター活動をしています。
iPhoneとAndroidを2台持ちしているので、どちらの操作もお任せください!
皆さんに有益となるような情報を届けられるよう頑張ります!

人気の記事

  • メルカリがOrigamiを買収「メルペイ 」はどう変わるのか

  • モバイルPASMOの使い方・メリット・デメリット【Android】

  • Androidの『対戦』ゲームと言えば?おすすめランキング9選

  • iPhone8とギャラクシーS8を徹底比較!どっちが画面綺麗?

  • 料金が高いだけじゃない?大手キャリアのスマホを使うメリットとは?【Android】

  • Androidで『スタミナ無し』のゲームはある?!おすすめ9選