Androidスマホのデータや写真をバックアップする方法

スマホの故障や紛失は、ある日突然起こります・・!
本体はダメでもせめて中身のデータだけは何とかしたい!

そう思う人がほとんどだと思います。

だからこそ、日々こまめにデータのバックアップを取ることが大事になっていきます。

ここで言う「バックアップ」とは、スマホに保存した様々なデータを、スマホとは別の場所へ複製して保存しておくことを言います。

今回は、Androidスマホのデータをバックアップする方法について解説していきます。

データをバックアップする理由

まず、Androidスマホのデータをバックアップする理由について説明します。

機種変更や乗り換えをした時に、工場から出荷したばかりのまっさらなスマホが手に入ります。

その時に新しいスマホにデータを1から入れるのはとても面倒ですが、

データを事前にバックアップしておけば、簡単にデータを引き継ぐことができるのです。

また、故障や紛失などのトラブルが発生した時にも、日頃からこまめにバックアップを取っておけば、代替や新しいスマホもすぐ使える状態にすることができます

そして「バックアップを取っている」という安心感があれば、アップデートやアプリの追加も積極的に行えるので、より楽しいスマホライフにつながるともいえるでしょう。

毎日ストレスなくスマホを利用するためにも、こまめにデータのバックアップを取っておく事をおすすめします。

Androidスマホのデータをバックアップする方法

次に、スマホのデータをバックアップする方法について説明します。

スマホのデータをバックアップ方法はいくつかありますが、
本記事ではすぐ簡単にできる基本的なバックアップ方法を紹介します。

すぐできる基本のバックアップ方法
  • Googleアカウントでバックアップする
  • バックアップ専用のアプリを利用する

AndroidスマホならGoogleアカウントでのバックアップが簡単でおすすめです。


Googleアカウントでバックアップする

Googleアカウントでバックアップする方法
  1. 「設定」を開く
  2. 「アカウント」をタップ
  3. Googleアカウントをタップ
  4. 「アカウントを同期」をタップして同期したいデータを選ぶ
  5. 完了

アカウントのページに「自動でデータを同期」という項目があるので、定期的に自動で同期させたい方にはおすすめです。

ただし、「自動でデータを同期」をONにすると、バッテリーの消耗が激しくなるので注意が必要です。

Googleアカウントを持っていない人はアカウントを開設する必要があります。

Googleアカウントの作り方
  1. 「設定」を開く
  2. 「アカウント」をタップ
  3. 「アカウントを追加」をタップ
  4. 「Google」を選択
  5. 「アカウントを作成」をタップ
  6. 名前から順番に情報を入力していく
  7. メールアドレスとパスワードを決めたら完了



バックアップ専用のアプリを利用する

バックアップ専用のアプリを利用する方法
  1. バックアップ専用のアプリをインストールする
  2. アプリの手順に従って操作をする

ジートルやJSバックアップがメジャーなバックアップ専用のアプリです。

しかし、あくまで非公式のアプリなのでデータが100%確実にバックアップされるかは保証できません。

また、連絡帳のみなどバックアップできるデータが限られているのもネックです。

写真のバックアップにはGoogleフォトがおすすめ

Googleアカウントのバックアップでは、連絡帳やカレンダーなどを同期することができます。

写真ももちろんバックアップすることができますが、写真のバックアップにはGoogleフォトがおすすめです。

Googleフォトとは一体どのようなアプリなのでしょうか。


Googleフォトとは?

Googleフォトとは、Googleが取り扱っている写真アプリのことです。

最近のAndroidスマホの多くには、プリインストールされている風車のマークが目印のアプリです。

Googleアカウントでログインすることで、Googleのサーバー上にスマホのアルバム内にある写真のバックアップデータを取ることができます


Googleフォトで動画や写真をバックアップする方法

Googleフォトで動画や写真をバックアップする方法は下記の通りです。

Googleフォトのバックアップ方法
  1. GoogleフォトにGoogleアカウントでログイン
  2. ホーム画面の左上の三本線をタップ
  3. Googleアカウントをタップ
  4. 「バックアップと同期」がONになっているか確認し、下部にある「次へ」をタップ
  5. 元々のサイズと画質で保存するか、画質を一定に維持した状態で保存するか選ぶ
  6. Wi-Fiを利用できない時にモバイルデータ通信でバックアップするかどうか選ぶ
  7. 最後に「確認」をタップ

写真の枚数によってはバックアップの時間とデータ通信量がかなりかかるため、

なるべくWi-Fi環境でバックアップしましょう。


一定の画質をキープした状態で保存をすれば無料で容量無制限!

Googleフォトのメリットは、写真の画素を一定の質にキープしつつ、容量無制限で保存できるという点です。

尚、無料で使えるのも嬉しいポイントです。

元々の画質を維持したいという場合も、15GBまでなら無料で元々の画質を維持して保存することができます。


Googleアシスタントが写真の加工や編集をしてくれることも

また、GoogleアシスタントというAIが、写真の加工や編集をしてくれることもあります。

同じ系統の写真でムービーを作ってくれたり、色々な方向から撮った同じ景色の写真を繋ぎ合わせてパノラマにしてくれることも。

もちろん、元々の写真もしっかり残されているので安心してください。

データをバックアップする時の注意点

次に、データをバックアップする時の注意点について解説します。


データのバックアップ方法によってバックアップできるものが違う

データのバックアップ方法によって、バックアップできるものが異なります。

Googleアカウントであれば比較的ほぼ全てのデータのバックアップを取ることができますが、他のアプリ等を使うとできるものとできないものがある可能性があります。

必要なデータを確実にバックアップするためにも、必ずバックアップできるデータの種類には気をつけましょう。


アプリの引継ぎなどのバックアップは基本不可能

Googleアカウントの同期でも、Googleアプリ以外のアプリ内のデータの引き継ぎはできません。

スマホゲームなどのアプリのデータは、そのアプリが案内している引き継ぎの方法でバックアップを取る必要があります

スマホゲームの大事なセーブデータを消してしまわないように、しっかりとバックアップしたいアプリの引き継ぎはしておきましょう。


バックアップ容量にも制限がある

バックアップをするという事は、各サービスのクラウド上などで容量を使っている状態です。
誰でも利用できるようにするため、1人あたりの使える容量に制限がある場合がほとんどです。
もし、スマホを長く使っていてたくさんのデータが入っている場合、容量不足で全データをバックアップすることができないかもしれません
その場合は、そのサービスのオプションで料金を払って容量を増やしたりなどの対策が必要です。

まとめ

いかがでしょうか。

機種変更や乗り換えはもちろん、急な故障や紛失の時にもデータのバックアップができていると安心できます。

また、スマホは毎日使うため、スマホ内のデータは毎日変更されていきます。

いざバックアップデータを使わなければならなくなった時、直前の最新状態で使えるように、なるべくこまめにバックアップするように心がけましょう。

【関連する人気記事】

\ SNSでシェアしよう! /

アンドロイド辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アンドロイド辞典の人気記事をお届けします。

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

杏奈

約3年間携帯ショップで働いていました。
現在はスマホ関係を中心にライター活動をしています。
iPhoneとAndroidを2台持ちしているので、どちらの操作もお任せください!
皆さんに有益となるような情報を届けられるよう頑張ります!

人気の記事

  • Androidスマホの充電が遅い原因と対処方法

  • 無料ですき間時間を楽しく!Androidスマホで使える動画視聴サービス5選

  • 画素数だけじゃない?Androidスマホのカメラ性能の見極めポイント

  • アンドロイドのスマホカメラで手ブレを防いでキレイな写真を撮る方法

  • 格安でよいスマホを手に入れよう!Android白ロムスマホの選び方

  • 【Android】スプレッドシートが超便利!スキマ時間で表計算