即日利用可能! オンライン決済サービス バーチャルカードの紹介

従来の決済方法でもあるクレジットカードに加えて、最近ではオンライン上での決済に特化した「バーチャルカード」と呼ばれるサービスも登場しています。

しかし、「バーチャルカードって何?」「バーチャルカードってどこで使えるの?」など疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はバーチャルカードのメリットやメリットを詳しく解説していきながら、バーチャルカードが使える主なサービスを紹介していきます。

 

バーチャルカードとは?

バーチャルカードとは、「バーチャル(Viatual)=仮想の」という言葉が表すように、クレジットカードのような物理的なカードを持つことなくお買い物ができるサービスです。

カード番号が発行され、代金の支払いができるという点ではクレジットカードと共通していますが、利用はインターネット上の決済に限るという点で違いがあります。

そのため、Amazonや楽天市場などのネット通販や月額料金の支払いで使える決済方法となります。
 

バーチャルカードのメリット

バーチャルカードのメリットは主に以下の3点です。

  • 即日で発行&利用ができる
  • クレジットカードと同じように使えてポイントも貯まる
  • カードの紛失や盗難といったリスクがない

バーチャルカードは申し込んでからすぐに利用ができるというスピード感が魅力です。

物理カードだとカード自体を発送する時間を要するため、すぐに使えるわけではありません。

バーチャルカードであれば申し込み完了後すぐにカード番号が発行され、ネットショッピングなどで使えるようになります。

さらに、利用によってポイントが貯まるという点においてはクレジットカードと同じですし、物理カードのように紛失や盗難のリスクもないのがメリットとして挙げられるでしょう。

バーチャルカードのデメリット

バーチャルカードのデメリットは主に以下の2点です。

  • オンラインでしか利用できない
  • 決済機能以外はあまり充実していない

バーチャルカードは物理カードのように実店舗で利用することができません。

あくまでカード番号を入力して利用するネットショッピングのみの利用が基本となります。

また、一般的なクレジットカードのような旅行傷害保険ETCカードといった決済機能以外の部分は充実していません。

バーチャルカードが発行できるサービス

ここからは、バーチャルカードが発行できるサービスを紹介していきます。

今回ピックアップしたのは以下の5社です。

  • バンドルカード バーチャル
  • Kyash Card Virtual
  • 三井住友VISAバーチャルカード
  • エポスバーチャルカード
  • メルペイ バーチャルカード

では、それぞれのサービスの特徴を詳しく見ていきましょう。

①バンドルカード バーチャル

バンドルカード バーチャルは、申し込みからわずか1分という短い時間で発行できるVisaプリペイドカードです。

ネットショッピング専用のバーチャルカードになっており、残高をチャージしてからお買い物をすることができます。

専用アプリからカード情報や利用履歴、チャージなどが行えるようになっています。

また、リアルカードの発行にも対応しているので、街のお店でのお買い物でも対応できます。

②Kyash Card Virtual

Kyash Card Virtualは、オンライン専用で使えるバーチャルカードで電話番号とメールアドレスだけで発行することができます。

プリペイド式でチャージしてから利用する形になっているため使いすぎの心配もありませんし、年会費や発行手数料が無料なのも嬉しいですね。

0.5%のポイント還元も用意されていますし、申し込み時に審査はないので誰でも発行して使うことができるのも魅力です。

③三井住友VISAバーチャルカード

三井住友VISAバーチャルカードは、インターネット決済専用のクレジットカードです。

ネットショッピングで使えるクレジットカードとしての機能を持っている上に、不正利用によって損害を受けた金額を全額補償するなど安心して使えるサービスが付帯しています。

ポイントも貯まりますし、最高100万円のショッピング補償が付帯するなど、バーチャルカードの中でも各種サービスの充実度が高いのが特徴です。

④エポスバーチャルカード

エポスバーチャルカードは、エポスカードを申し込んだ際に追加で発行されるオンライン決済専用のカードです。

物理カードのエポスカードとは別のカード番号で発行されるため、ネットショッピングで使う時も安心です。

万が一不正利用された場合でも、マイページを通じて簡単に利用停止手続きができますし、物理カードの番号が知られることもありません。

不正利用に対する損害補償もあるので安心して使えます。

⑤メルペイ バーチャルカード

メルペイ バーチャルカードは、メルカリ内で提供されている決済サービス「メルペイ」で新たに追加されたバーチャルカードです。

メルカリアプリから申し込みができ、メルペイスマート払いの利用限度額の範囲内でネットショッピングの決済に利用することができます。

アプリ上で利用履歴の確認や停止措置なども簡単に行えるため、便利な上に安心して使えるのが魅力です。

まとめ

バーチャルカードのメリット・デメリットやおすすめのサービスについて解説しました。

オンライン専用の決済手段という側面もありますし、プリペイド式であれば審査不要で発行できるため、クレジットカードが持てない人の決済手段としても便利な存在と言えます。

中には、バーチャルカードと物理カードを両方発行できるサービスもあるので、街のお店とネットのお店で使い分けてみてください。

 

 

【関連する人気記事】

\ SNSでシェアしよう! /

アンドロイド辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アンドロイド辞典の人気記事をお届けします。

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

mur1mot0tty

クラウドワークスなどでフリーライターとして活動中。
スマホアプリやキャッシュレスなどの記事制作を多数請け負ってきました。
ライターとして身につけた知識をお伝えしていきたいと思います。

人気の記事

  • メルカリがOrigamiを買収「メルペイ 」はどう変わるのか

  • モバイルSuicaへの銀行チャージが可能なアプリが登場!

  • 【ユニークな機能も便利】メルペイのメリットや注意点を分かりやすく解説【Android】

  • アンドロイドでTOYOTA Wallet!使い方・メリット・デメリット

  • 限定サービスで賢くお得に! JR東日本が始めた電子チケット「エキトマチケット」とは?

  • 自宅で安心して中食しよう!Androidスマホで使えるおすすめのテイクアウトアプリ