• TOP
  • 便利ノウハウ
  • ノーコードとローコードって?Androidスマホも活用してWebサイト・アプリを作ってみよう

ノーコードとローコードって?Androidスマホも活用してWebサイト・アプリを作ってみよう

 2021/12/15 便利ノウハウ
 

Webサイトやアプリ開発へのハードルが以前より低くなっています。

従来はプログラミング言語を詳しく知らないと開発ができませんでしたが、今では

  • ノーコード
  • ローコード

といった詳しく知らない方でも開発に携われる手法が登場したからです。

今回は「Androidスマホも活用しながら、開発スキルを身に着けてみたい」という初心者の方向けに、ノーコードやローコードの概要、そして特徴やおすすめの無料ツールを解説していきます。

あなたはもう使っている!?ノーコードとローコードとは

まずはノーコードとローコードの概要を説明していきます。

ソースコードがまったくいらない!ノーコードとは

ノーコードとは「まったくソースコードを記述せずにWebサイトやアプリを開発する概念」です。

各ツール上の操作画面から必要なリンクやボタンといったパーツを追加するだけで、Webサイトやアプリができ上るのが特徴になっています。

ソースコードをまったく扱わないので、プログラミングの記述知識がほとんどない方でも簡単に開発作業が可能です。

ただしノーコードの場合ローコードと比較して日本国産のツールがあまりないので、外国産のツールを利用しないといけない場面も多いのが難点です。

ちなみにローコードツールもノーコードツールと同じような状況です。

将来的には国産のツールも増えて、さらに開発がしやすい環境が構築されていくでしょう。

少しソースコードを書くだけ!ローコードとは

ローコードとは「部分的にソースコードを記述して、Webサイトやアプリを開発する概念」です。

部分的とはたとえば、

  1. 通常はツール上の操作画面からリンクやボタンなどを挿入
  2. 派手なアニメーションなどを追加したい、といったときに直接ソースコードを入れる

といった具合です。

つまりノーコードの操作画面上から操作ができる利便性と、ソースコードを書いて自由に開発を行う柔軟性を組み合わせたのがローコードだと言えます。

知らないうちにノーコード・ローコードを触っている人は多い!

「ノーコード・ローコードというとシステム開発分野で仕事をしていないとかかわり合いがないのでは」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし実は、知らないうちにノーコード・ローコードツールに触れている方は多いと思います。

たとえば「WordPress」。

WordPressは世界中のWebサイトの3分の1以上を構成している世界規模のCMSですが、気軽にブログ構築に活用している方も多いです。

そしてWordPressには

  • 初心者でも画面上でブログのレイアウトを構築可能
  • 必要な場合は直接プログラミングして機能を追加できる

といった特徴があります。

つまりWordPressはノーコード・ローコードツールでもあります。

ノーコードのようにまったくコードを打たなくても基本のデザイン・レイアウトは構築可能です。

またローコードのように一部だけソースコードを追加すれば、オリジナリティのあるWebサイトを公開できます。

このように、私たちの身近にもノーコードやローコードは存在しているのです。

開発のハードルが低くなる!ノーコードとローコードの特徴を解説

ノーコードとローコードには次のような特徴があります。

エンジニアスキルがなくても開発が可能

ノーコードとローコードはあまりプログラミングに詳しくなくてもWebサイトやアプリを制作できる、という点が共通しています。

今まではエンジニアといった専門スキルを持った人材が、ソースコードを1から記述してWebサイトやアプリを制作するしか開発方法がありませんでした。

ソースコードを1から記述する方法だと、企業にとってはコストがかさむので容易に開発を依頼できないというデメリットがあります。

しかしノーコードとローコードを利用すると、企業はコストを抑えてWebサイトやアプリを試作品として制作するといった作業ができるようになります。

そしてエンジニアといった職種が社内にいなくても開発が実現するようになった点も大きいです。

デジタル改革(DX)の一環としてノーコードとローコードを社内に導入するパターンも増加しています。

無料のパターンも多いので気軽に試せる

ノーコードとローコードツールは無料で提供されているパターンも多いです。

「1人で学習用に使いたい」という方は、無料プランから開発を始めてみましょう。

ただし先ほども言いましたが、国産ノーコードとローコードツールはまだ少ない状況です。

これからおすすめの無料ツールを国産、あるいは日本語版になっているものに絞ってご紹介していくので参考にしてみてください。

Androidスマホからも操作可能

ノーコードとローコードツールの一部は、Androidスマホから直接編集作業ができます。

パソコンのみに編集の場所が限定されるよりも、時と場所を選ばずに開発作業が継続可能です。

今回ご紹介するおすすめツールもAndroidスマホからの直接編集に対応しているので活用してみましょう。

複雑なシステムの開発には不向きといった弱点もある

ノーコードとローコードは、各ツールの操作画面からドラッグ&ドロップなどでWebサイトやアプリを開発していきます。

直感的にWebサイトやアプリを構築できますが、これは「画面上から操作できないデザインや機能は触れない」という弱点にもつながっています。

ローコードだとノーコードよりも多少自由度はありますが、それでも1からプログラミングを行う「フルスクラッチ」系統の開発手法と比較すると自由度では劣ってしまうのがデメリットです。

そのため

  • 大規模でプログラミングの関係性を細かく合わせないといけない
  • 複雑でオリジナルの機能を複数搭載している

といったWebサイトやアプリなどを開発する際には向いていません。

個人で開発学習に使う分にはあまり問題は出ないと思いますが、本格的に仕事に活用したい場合はできないことがある点を頭に入れておきましょう。

1人でも気軽に試せる!おすすめの無料ノーコード・ローコードツール

無料で使えるおすすめのノーコード・ローコードツールを解説していきます。

Wix

日本法人も創立されているCMSです。

Wordソフトのようにシンプルな画面から、各ボタンを使ってドラッグ&ドロップでWebサイトを制作していきます。

テンプレートが豊富であり、素材の用意がなくても試作品を作ってみたりといった作業が簡単にできるのも魅力です。

  • 個人ブログの開設
  • ECサイトの立ち上げ
  • 予約システムの構築

といったようにさまざまな場面で活用できます。

公式ブログで開発ノウハウも提供されているので、ぜひ参考にしながら開発学習を進めてみてください。

Jimdo

Wixとよく比較対象になるCMSです。

AIがWebサイト制作に活用されているのがポイントになっており、アカウント登録時に提示される質問へ回答すると自動的にWebサイトが構築されるようになっています。

構築された後は自分で自由にカスタマイズしてオリジナルのWebサイトを構築可能です。

「回答通りのWebサイトができあがるか実験してみたい」といったように、AIの精度を確かめる学習にも使ってみてください。

まとめ

今回はノーコードとローコードツールの概要、そして特徴やおすすめの無料ツールをご紹介してきました。

これからはWebサイトやアプリ開発のハードルが低くなり、誰でも開発に関与する時代になるでしょう。

時代に遅れないように今のうちからノーコードとローコードツールに慣れておき、普段の生活やビジネスで活かせるように準備を行ってみてください。
 

 

【関連する人気記事】

\ SNSでシェアしよう! /

アンドロイド辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アンドロイド辞典の人気記事をお届けします。

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

businessofd

クラウドワークスで、フリーランスとして活躍中。
今まで培ってきたITの知識や技術を活かして、さまざまな記事を執筆しています。

AppleよりはAndroid派で、オープンソースという性質上さまざまなAndroidが存在するのも魅力だと思っています。
最近のマイブームはキャッシュレスアプリで、コンビニなどで待たずにサッと決済できる利便性は手放せません。
Androidにさまざまなキャッシュレスアプリを入れて、メリット・デメリットを比較しながら使うのがクセになっています(笑)。

人気の記事

  • 【懐かし】Androidの『ファミコン』ゲーム!おすすめ9選

  • アンドロイドで『モバイルクリーナーの更新が必要です』と警告!対処法は?

  • お得なコンビニアプリのメリット・使い方を解説!セブン・ファミマ・ローソン

  • モバイルSuicaから登場した「のんびりホリデーSuicaパス」について

  • ARで何ができる?おすすめのAndroidで楽しむARアプリ5選

  • 最強のゲーミングスマホ ROG Phone2をレビュー!