• TOP
  • アクセサリー
  • スマホはとても汚い!安全なおすすめの消毒方法紹介【Android】

スマホはとても汚い!安全なおすすめの消毒方法紹介【Android】

新型コロナウイルスの緊急事態宣言が解除されたものの、まだ油断できない日々が続いています。

マスク着用、手洗い・うがいなど日々のウイルス対策への意識が高まっているようにも思えます。

 

しかし、私達の身近なところにウイルスが大量に付着しているものがあるのをご存知でしょうか。

それは、毎日の生活に欠かせないもの「スマートフォン」なのです。

スマホはトイレの便器よりも汚い?

スマホは「トイレの便器よりも汚い」可能性があることをご存知でしょうか。

 

私達は外出先で「電車のつり革」「手すり」「ドアノブ」など不特定多数の人が触るものに触れる機会は多くあります。

トイレにスマホを持ち込んでいる人も少なくないでしょう。

そして、その手で当たり前のようにスマホをいじります。

 

そんな使われ方をしているスマホは、いつの間にかものすごく汚れてしまっているのです。

汚れと言っても「ウイルス」や「雑菌」など目視できないものなので更に厄介です。

スマホは定期的に消毒しよう

スマホがとても汚れている事を理解していただけたと思います。

しっかりと定期的に消毒してスマホを清潔に保ちましょう。

 

しかし、まさかスマホを水洗いするわけにもいきませんよね。

では、具体的にスマホはどのように消毒すればよいのでしょうか。

スマホの消毒方法をいくつか紹介します。

 

除菌タイプのクリーナーで拭き取る

1番お手軽な方法が、除菌タイプのクリーナーで拭き取る事でしょう。

筆者はELECOMの「除菌ウェットクリーニングティッシュ」を使用しています。

機械製品の除菌に特化しており、スマホ以外にもキーボードやマウスの除菌にも使えます。

 

使い方も簡単、使用する分のティッシュを引っ張り出して拭き取るだけです。

銀イオン効果で菌とニオイを除去してくれます。

 

水分を多く含む商品の場合は、水分がスマホの開口部に入り込まないように注意しましょう。

防水機能のないスマホの場合、故障の原因になってしまう可能性があります。

 

UVサニタイザー(紫外線除菌)を使う

少し時間がかかりますが、UV(紫外線)で99.9%除菌してくれるアイテムがこちら。

筆者はハンズインターナショナルの「UVサニタイザー C-01」を使用しています。

 

スマホ以外にもマスクや歯ブラシ、腕時計なども消毒することができます。

使い方は簡単、まずは消毒したいものをサニタイザー内部に収納します。

 

蓋を閉じたらボタンを押し、ライトが点滅している間は消毒中です。

ライトの点滅が止まったら内部に収納した物を取り出して終了です。

まとめ

日々の生活で欠かせないスマホ。

手入れを欠かして病気になってしまわないように、しっかりと消毒しましょう。

 

スマホの消毒だけではなく「汚れた手でスマホを触らないようにする」などの対策も有効です。

スマホも自身の体も清潔に保ち、ウイルスに負けない環境を整えましょう。

 

 

【関連する人気記事】

\ SNSでシェアしよう! /

アンドロイド辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アンドロイド辞典の人気記事をお届けします。

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

べすれい

べすれいと申します。
スマホゲームを開発している会社で働いていた経験があります。
AndroidとiPhoneを使用した結果、Androidに落ち着いています。
スマホゲーム開発の経験も活かし、スマホの便利情報をお伝えできればと思います!

人気の記事

  • Androidのギャラリーが見れない時に試す5つの設定

  • フォートナイトはまだスマホで遊べる?Androidは?方法を解説

  • 『スマホがウイルスに感染してます』と警告された時の3つの対処法

  • Androidスマホで使いやすいおすすめポイントサイト3選

  • GooglePayとApplePayの違いについて比較!

  • 実際の評判はどうなの?Twitterで楽天モバイルの口コミを調べてみました【Android】