PayPayの支払い方法「PayPay残高」と「クレカ」お得なのはどっち?

スマホ決済アプリの中でも特に高い知名度と普及率を誇る「PayPay」

豊富な還元キャンペーンによって利用者を増やしており、お得なスマホ決済サービスとしてのイメージを確立しています。

そんなPayPayには「PayPay残高」と「クレジットカード」という2種類の支払い方法が存在します。

従来のPayPayでは「PayPay残高」による支払いが圧倒的にお得だったのですが、規約の変更に伴い両者の差が微妙になってきました。

そこで今回はPayPayで使える2つの支払い方法「PayPay残高」と「クレジットカード」のどちらがお得なのか検証していきます。

クレジットカード払いはポイントが付かなくて損なのでは?といった疑問も解決します。

PayPayの還元率をおさらい

まずは、PayPayの各支払い方法における還元率を整理していきます。

PayPayでは2020年4月1日から「PayPayステップ」と呼ばれる還元の仕組みがスタートしており、利用に対するPayPayボーナスの還元率が変わっています。

それらを踏まえた上で還元率のレギュレーションがどのようになっているのか詳しく見ていきましょう。

①PayPay残高で支払った場合

PayPay残高で支払いを行なった場合、前月の利用状況に応じて還元率が0.5~1.5%の間で変化する「PayPayステップ」が導入されています。

還元率は「利用回数」や「利用金額」に応じて変化しており、基準としては以下のようになっています。

特典内訳 還元率
基本付与分 0.5%
100円以上の決済回数50回以上達成 +0.5%
利用金額10万円以上達成 +0.5%

通常利用における還元率は0.5%となっており、前月1日〜同月末日までのカウント期間で上記の「利用回数」「利用金額」の条件を達成することで還元率がアップします。

利用回数50回ということは「1日2回程度」のペースでPayPayを使う必要がありますし、「1ヶ月に10万円」というのも、なかなかハードルが高いように感じられます。

また、Yahoo!関連のオンラインサービス(Yahoo!ショッピング)を利用した場合には、基礎付与分が1.0%になり、最大還元率が2.0%になります。

②クレジットカードで支払った場合

PayPayに登録したクレジットカードで支払いを行なった場合、PayPay側からの還元は全くありません。

その代わりクレジットカードのショッピング利用に対するポイント還元が得られます。

そのため、ポイント還元率はお使いのクレジットカードによって異なります。

ポイント還元率の高いクレジットカードであれば、通常時でも1.0%の還元率を実現できるでしょう。

ボーナスポイントや還元率アップなどはあまり見られませんが、PayPayの基本付与分よりは高い還元率となるはずです。

PayPayの還元キャンペーンは「PayPay残高払い」が対象

通常時だけではなくキャンペーンを利用するケースについても考えていきます。

PayPayでは豊富なキャンペーンが実施されていますが、基本的に還元の対象となるのは「PayPay残高払い」のみとなっています。

ヤフーカードを除くクレジットカードはポイント還元の対象外になっているため、キャンペーンによる10%、20%といった還元を受けたい場合は「PayPay残高」がおすすめといえるでしょう。

PayPayの支払い方法「PayPay残高」と「クレジットカード」どっちがお得?

PayPayの各種支払い方法における還元率を詳しく見ていきました。

では、2つの支払い方法のうち、どちらがよりお得なのかシチュエーション別に解説していきます。

①普段のお買い物なら…クレジットカード

普段のお買い物などでPayPayを利用するのであれば、クレジットカードがおすすめです。

カードの種類にもよりますが、通常時の還元率が1.0%であればPayPay残高で支払うよりももらえるポイントが多くなります。

PayPay残高にも「PayPayステップ」によるボーナスはありますが、条件を達成するハードルが高いため、あまり現実的ではありません。

条件達成による還元率アップを目指すよりも、通常時の還元率の高いクレジットカードを選んだ方がいいでしょう。

また、事前のチャージが不要など、利便性を考えてもクレジットカードの方がおすすめです。

②Yahoo!関連のサービスを使うなら…PayPay残高

Yahoo!関連のオンラインサービスの場合、PayPayステップの基本付与分が1.0%になるため、PayPay残高による支払いがおすすめです。

クレジットカード払いだと、還元率が1.0%を超えることがほとんどないため、それならPayPay残高で支払った方がいいでしょう。

Yahoo!関連のサービスには以下のようなものがあります。

  • Yahoo!ショッピング
  • ヤフオク!
  • LOHACO
  • Yahoo!占い
  • Yahoo!ニュース
  • ebookjapan
  • Yahoo!ゲーム
  • Yahoo!トラベル
  • PayPayフリマ
  • PayPayモール
  • GYAO!ストア
  • PassMarket

これらのサービスで支払いをする際は、PayPay残高を使ってみましょう。

③キャンペーンを利用するなら…PayPay残高

PayPayで実施されている還元キャンペーンを積極的に利用するなら「PayPay残高」による支払いがおすすめです。

キャンペーンの特典を受けるには「PayPay残高による支払い」が条件になっており、クレジットカードは対象外になっています。

10%以上のお得な還元を受けるためにもPayPay残高で支払いましょう。

まとめ

PayPayはポイント還元に関する基準を何度も改定しており、その度にPayPay残高を使う理由が薄まっている印象が強いです。

2020年11月時点では、通常のお買い物におけるPayPay残高払いの還元率は0.5%となっているため、クレジットカードで払った方がお得になるケースが多くなっています。

普段のお買い物でPayPayを利用するシーンや頻度を考慮して、お得な支払い方法を選んでみましょう。

 

 

【関連する人気記事】

\ SNSでシェアしよう! /

アンドロイド辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アンドロイド辞典の人気記事をお届けします。

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

mur1mot0tty

クラウドワークスなどでフリーライターとして活動中。
スマホアプリやキャッシュレスなどの記事制作を多数請け負ってきました。
ライターとして身につけた知識をお伝えしていきたいと思います。

人気の記事

  • 最新スマートバンド「Xiaomi Mi Band 6」発表!日本語版は?

  • YouTube Musicとは?月額料金や利用するメリットについて

  • QR/バーコード決済アプリの機能比較!電子マネーや請求書払いが使えるのはどれ?

  • Androidスマホの本体容量がいっぱいになった時にやるべきこと

  • Androidで「d払い」ドコモユーザーとそれ以外でどう違う?

  • コロナやワクチン情報、地震速報もこれ1つで丸わかり!「NewsDigest」