• TOP
  • アプリ
  • 【ユニークな機能も便利】メルペイのメリットや注意点を分かりやすく解説【Android】

【ユニークな機能も便利】メルペイのメリットや注意点を分かりやすく解説【Android】

「コロナウイルスの影響で、現金を手渡しして店舗で支払いを行うのが不安」という方には、QRコード決済サービスがおすすめです。

Androidスマホ一つあればサッと支払いが済みますし、現金を手渡しするより安心して決済できます。

今回ご紹介するメルペイは、他のQRコード決済サービスにはない独自の特徴で集客を行っている面白いサービスです。

この記事ではメルペイが気になっている方向けに、メルペイとは何か、そしてそのメリットや使用時の注意点などを解説していきます。

メルペイとは

メルペイとは「株式会社メルカリ」の子会社、「株式会社メルペイ」が提供する決済サービスです。

メルペイというアプリが単独で提供されているわけではなく、フリマアプリ「メルカリ」の一機能として利用できるのが特徴になっています。

2019年2月開始と、他のQRコード決済サービスに比べると後発ですが、

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ガスト
  • 吉野家

などで使える利便性の高いサービスです。

後払いも使える!メルペイのメリット

メルペイには、次のようなメリットがあります。

  • メルカリの売上金を、チャージしてメルペイで素早く使える
  • QRコード決済だけでなく、iDを使った非接触決済にも対応
  • メルペイスマート払いを使えば、後払いも可能
  • クーポン配布やポイント還元キャンペーンが豊富
  • マイナポイント事業との連携で最大7,000円分を還元

メルカリの売上金を、チャージしてメルペイで素早く使える

メルカリに商品を出品して利益を得ている方は、メルペイを使ったほうがよいでしょう。

売上金を残高にチャージして、そのままメルペイから支払いができるからです。

従来メルカリで稼いだお金を現金化するには、

  • 銀行口座へ出金する(手数料が必要)
  • 売上金でポイントを購入して、メルカリ内で使う

の2通りしかありませんでした。

しかしこれにメルペイで使うという選択肢が増えたことで、「加盟店で売上金を現金と同じようにすぐ使える」という使い道もできたわけです。

QRコード決済だけでなく、iDを使った非接触決済にも対応

メルペイの変わったところは、単なるQRコード決済サービスではない点です。

具体的に言うと、QRコード決済だけではなく非接触型決済も利用できます。

メルペイはドコモの非接触決済サービス「iD」と連携しており、サービス内からiDを選択して支払いに使えます。

QRコード決済は現金より支払いが速いですが、画面を店員さんへみせる手間が掛かるのがネックです。

その点iD払いだとレジ側の端末にAndroidスマホをかざすだけで決済が完了するので、より衛生的でスマートな決済ができます。

メルペイスマート払いを使えば、後払いも可能

メルペイには、「メルペイスマート払い」という独自の後払いサービスが用意されています。

設定されている上限まで、その月のお買い物を翌月後払いで支払えます。

メルペイスマート払いを使った場合、店舗での支払い料金はいったんメルペイ側で肩代わりされます。

メルペイスマート払いを使えば、「メルペイの残高が足りなくて、欲しいものが購入できない」という場合にも安心です。

ただし翌月請求分が高額にならないよう、上限設定をしっかり行い使いすぎないようにしてみてください。

クーポン配布やポイント還元キャンペーンが豊富

メルペイでは客引きのため、頻繁にクーポン配布やポイント還元キャンペーンが行われています。

クーポンについては、常時メルペイ画面内で配布されているのでいつでも利用可能です。

  • 実店舗で利用するタイプ
  • ネットショッピングで利用するタイプ

の2種類があり、ネットショッピングサイトでも利用可能なので便利です。

またメルカリ本部から、「メルカリでお買い物すると、500円分のポイントバック」などのクーポンが配布されることがあります。

「メルカリでお買い物した上でポイントバックを受け、それをメルペイで利用する」といったお得な使い方も可能です。

キャンペーンについては、以下のようなものが開催されています。

  • メルペイの招待コードを入力すると、500ポイントをプレゼント
  • メルペイ残高を友達や家族へ送ると、最大1,100ポイントをプレゼント
  • 不定期に、メルカリでもメルペイでも使えるポイントをプレゼント

私は最初メルカリを登録した際招待コードで500ポイントをゲットし、その後店舗支払いに初めて使った際追加で1,000分のポイントをプレゼントされました。

合計1,500円分お得になったので、メルペイが好きになりました。

ぜひクーポンやキャンペーンを活用して、メルペイでお得にお買い物してみてください。

マイナポイント事業との連携で最大7,000円分を還元

2020年9月1日からは、「マイナポイント事業」が開始されました(2020年9月1日~2021年3月31日まで)。

自分が利用するキャッシュレス決済サービスとマイナンバーカードを紐づけると、政府予算から最大5,000円分のポイントが付与されるという大規模なキャンペーンです。

これに加えて、各QRコード決済サービスでは独自の予算を設けて追加のポイント還元を行っています。

その中でも、メルペイのキャンペーンはお得になっています。

「政府が付与するポイント5,000円分+メルペイが用意するポイント2,000円分=合計7,000円分」の還元が期間中受けられるのがポイントです。

さらに追加で、マイナポイントに申込むだけで総額1億ポイントを山分けするキャンペーンも開催されています。

条件をよく確認して、よりお得にマイナポイント事業を活用しましょう。

ポイントは有効に使おう!メルペイの注意点

メルペイには、次のような注意点があります。

  • クーポンやキャンペーンで付与されるポイントの有効期限が、短い場合が多い
  • 請求書払いはできない

クーポンやキャンペーンで付与されるポイントの有効期限が、短い場合が多い

メルペイでは配布されるクーポンの利用期限や、キャンペーンで付与されるポイントの有効期限が短い場合が多いです。

上記のデメリットはメルペイだけではないのですが、個人的にメルペイは特にクーポンやポイントの失効までの期限が短いように思えます。

「1週間以内に、このクーポンを利用してください」というのも珍しくありません。

少しでも使いたいと思った場合は、早めに使い切ってみましょう。

請求書払いはできない

現在「PayPay」や「LINE Pay」などでは、請求書支払いができるようになっています。

対象サービスの請求書に付いているバーコードを読み取るだけで、すぐ支払いを行えるのがメリットです。

しかし残念ながら、現在メルペイでは請求書払いは使えません。

「使い切れなかったポイントを、請求書支払いに回したい」といったことができないので注意が必要です。

今後対応する可能性もあるので、ぜひメルペイの最新情報をチェックしてみましょう。

まとめ

今回はメルペイとは何か、そしてそのメリットや使用時の注意点などを解説してきました。

メルペイには後払い機能やiD決済機能などの面白い機能があり、活用すればさらに便利にAndroidスマホで支払いができるようになるでしょう。

またクーポンやキャンペーンも豊富なので、そちらも活用してお得にお買い物してみましょう。

ぜひメルペイを、生活の一部に組み込んでみてください。

 

 

【関連する人気記事】

\ SNSでシェアしよう! /

アンドロイド辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アンドロイド辞典の人気記事をお届けします。

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

businessofd

クラウドワークスで、フリーランスとして活躍中。
今まで培ってきたITの知識や技術を活かして、さまざまな記事を執筆しています。

AppleよりはAndroid派で、オープンソースという性質上さまざまなAndroidが存在するのも魅力だと思っています。
最近のマイブームはキャッシュレスアプリで、コンビニなどで待たずにサッと決済できる利便性は手放せません。
Androidにさまざまなキャッシュレスアプリを入れて、メリット・デメリットを比較しながら使うのがクセになっています(笑)。

人気の記事

  • 画素数だけじゃない?Androidスマホのカメラ性能の見極めポイント

  • Androidの『シューティング』ゲームと言えば?おすすめランキング7選

  • Androidの顔文字アプリ7選!安全で安心して使えるのは何?

  • GooglePayで使える電子マネーのチャージ上限・1回あたり利用上限まとめ【Android】

  • Androidの『農場』ゲームと言えば?おすすめランキング8選

  • Androidスマホでも使えるGoogleDriveの便利な使い方