• TOP
  • アプリ
  • 【Android】スマホ容量を効率よく削減!おすすめ無料クラウドストレージアプリ5選

【Android】スマホ容量を効率よく削減!おすすめ無料クラウドストレージアプリ5選

今や至るところで、当たり前のようにクラウドサービスが利用されています。

知らず知らずのうちに、クラウドサービスを利用されている方も多いのではないでしょうか。

クラウドサービスで代表的なのが、「クラウドストレージ」です。

クラウドストレージを使えば、スマホの容量を削減しながらインターネット上にデータのバックアップを取れたりと便利です。

クラウドストレージは無料で使えるので、まずは試してみることがポイントになります。

今回はクラウドストレージに興味がある方向けにクラウドストレージとは何か、そして選び方やおすすめのクラウドストレージを5つご紹介していきます。

 

クラウドストレージとは

クラウドストレージとは、クラウドサービスの一種です。

インターネット上のサーバー(クラウドサーバー)を経由してさまざまな機能を利用できるサービスを、クラウドサービスと言います。

その中でもストレージ(データの保管庫)として機能するのが、クラウドストレージです。

ユーザーはクラウドストレージの機能を使って、端末内のデータをクラウド内に保存できます。

保存されたデータを端末から削除すれば容量が節約できますし、クラウドのデータはインターネットと端末さえあればどこからでもアクセス可能です。

 

無料クラウドストレージの選び方

無料クラウドストレージを利用する際は、次のように選びましょう。

  • 信頼できるサービスか
  • 無料でどのくらい使えるのか
  • 自分に合った機能が提供されているか

信頼できるサービスか

無料クラウドストレージは、サービス規模の大小含めたくさんあります。

しかしすべてのクラウドストレージが、信用できるわけではありません。

中には、開いただけでウイルスまがいの広告などが表示されるものもあります。

無料クラウドストレージを選ぶ際は、有名でないサービスは避けましょう。

今回ご紹介するクラウドストレージは、どれも有名で信頼性が高いです

無料でどのくらい使えるのか

無料でどのくらい使えるのかも、押さえておきたいポイントです。

無料クラウドストレージは、「有料サービスにつなげるためのお試し版」という意味合いもあります。

ですから日常で動画など重いデータを保存したいときや、ビジネスで頻繁にデータを保存する場合などは無料クラウドストレージでは足りない場面もあります。

容量不足で困らないように、なるべく容量の多いクラウドストレージを選ぶと安心です。

ただし重いデータをそこまで保存しないという場合は、容量が少なくても構いません。

本格的にクラウドストレージを使いたい際は、有料プランも検討してみましょう。

自分に合った機能が提供されているか

クラウドストレージによって、搭載されている機能は異なります。

データ保存機能はどのサービスにもありますが、

  • プレビュー機能で直接データをサービス内で表示できるか
  • 他サービスやアプリとの連携保存機能などがあるか
  • データをサービス内で共同編集可能か

などが、サービスごとに変わってきます。

「その場ですぐデータの中身を確認したい」という場合は、プレビュー機能があるサービスが使いやすいです。

また「メールの添付ファイルをクラウドストレージから直接持ってきたい」という場合は、連携機能があるサービスが使いやすいです。

 

おすすめ無料クラウドストレージ5選

ここからは、おすすめの無料クラウドストレージを5つご紹介していきます。

おすすめの無料クラウドストレージ
  • Googleドライブ
  • One Drive
  • Dropbox
  • box
  • MEGA

Googleドライブ

「Google」製のクラウドストレージが、この「Googleドライブ」です。

利便性が高いので、ビジネスでも利用されているケースが多いです。

無料で15GBの容量を利用できます。

容量は「Gmail」など関連サービスと共用ですが、重いデータを頻繁に保存しない限りは簡単にはなくならない程度に多いです。

Googleサービスとの連携性の高さが、一番のメリットとなります。

たとえばGmailでファイルを添付するとき、Googleドライブのアイコンを押して関連のデータを呼び出せます。

また「Googleドキュメント」上でGoogleドライブに保存した書類データを開いて、近くにいない他のメンバーといっしょに編集ができます。

AndroidスマホではGoogle関連のサービスを使う機会が多いので、Googleドライブの連携性の高さは大きなメリットとなります。

さらに重要なデータにはスターアイコンをつけて後で絞り検索ができたり、URLで簡単にデータを共有できたりと細かい使い勝手もよいです。

無料クラウドストレージに機能性を求める場合は、Googleドライブが最適な選択肢となります。

Googleドライブ 公式情報

One Drive

「Microsoft」が提供しているクラウドストレージです。

以前は、「SkyDrive」という名称でした。

無料で5GBまで利用できます。

「マイクロソフトアカウント」が必要ですが、すぐに作成できます。

容量的には、まずまずといった印象です。

重いデータを定期的に保存していると、足りなくなる場合があるので注意しましょう。

Microsoftサービスとの相性がよいのが、メリットです。

OneDriveに登録すれば

  • Excel
  • Word
  • PowerPoint

などのオンライン版が無料で利用できます。

機能は製品版に比べて制限されていますが、軽いデータ作成や編集を行う程度ならば十分活用できます。

作成したデータはOneDrive上に保存され、マイクロソフトアカウントがあればどんな端末からでもアクセス可能になります。

またパソコン内にOneDrive専用のフォルダーを置き、フォルダー内に保存されたデータを自動でOneDriveと同期して保存したりと、ユーザーにとって便利な機能も多数搭載されています。

「OneDrive 100 GB」など、上位の有料プランも用意されています。

OneDriveを本格的に使いたい場合は、ぜひチェックしておきましょう。

OneDrive 公式情報

Dropbox

「Dropbox」は、クラウドストレージの中でも先駆けと言える存在です。

無料で使える容量は、2GBまでです。

また同時に3台までしか同期とアクセスができないので、複数人で無料プランを利用するのは難しいでしょう。

ただし1人でクラウドストレージを利用する分には、十分です。

Googleアカウントとの同期機能があるので、Googleアカウントを持っているとすぐに登録が完了します。

初心者でも使いやすいよう、画面が工夫されているのが特徴です。

余計なデザインがないので、どこに何があるかが直感的に判断しやすいです。

また他サービスとの連携機能も優れており、Excelファイルを「Microsoft Office Online」で開いたり、Gmailに添付するファイルをDropboxから選んだりといったことができます。

他にも間違って削減したファイルの復元など、かゆいところに手が届く機能が搭載されています。

ビジネスプランはさらに機能が拡張され、評判も高いです。

Dropboxが使いやすいと思った場合は、ビジネスプランもチェックしてみてください。

Dropbox 公式情報

box

「box」は、ビジネスでの利用ケースも多い人気のクラウドストレージです。

無料で10GBまで容量を利用できます。

OneDriveの2倍あるので、1人で使うにはかなり十分な容量が確保されています。

ちなみに、Dropboxとはまったく関係のない別サービスです。

クラウドサービスで重要な、セキュリティの高さが最高水準なのが特徴です。

ビジネスで多く使われているのもあり、セキュリティには細心の注意を払っています。

ですから「クラウドストレージはセキュリティが心配」という方にも、自信を持っておすすめできます。

またパソコンに「Box Tools」を追加インストールすれば、box内ファイルを他ソフトから呼び出して、box内に直接保存するという一連の作業が簡単になります。

共有機能などクラウドストレージに必要な機能は一通りそろっており、困る場面は少ないでしょう。

上位プランでは、より高度なセキュリティと多くの容量が使えるようになります。

Box 公式情報

MEGA

「MEGA」は、ニュージーランドの企業が開発したクラウドストレージです。

他サービスと比較すると若干知名度は低いかもしれませんが、1億人以上の利用者が降り信頼できるサービスです。

無料で50GBを利用可能(30日間のみ、それ以降は15GBが基本となる)と、今回ご紹介するサービスでは一番容量が大きいです。

Androidアプリも用意されているので、スマホからも楽々利用できます。

ただし3か月以上利用がないと、保存したデータがすべて削除されてしまいます。

万が一のことも考えて、削除されては困る重要なファイルは入れないほうがよいでしょう。

容量の大きさだけでなく、ファイルアップロードはマウスのドラッグ&ドロップだけでできたりと、直感的に操作がしやすいのもよいところです。

ちなみに保存容量は、関連サービスを利用開始したりとMEGAが指定した条件をクリアすると増えていきます。

無料でたくさん保存したいデータがあるという場合は、MEGAがおすすめです。

MEGA 公式情報

まとめ

今回はクラウドストレージとは何か、そして選び方やおすすめのクラウドストレージを5つご紹介してきました。

クラウドストレージを使えば、Androidスマホの容量を節約しながらインターネット上にバックアップを取れます。

またデータを共有しながら作業したりと、ビジネス面でも利便性が高まります。

ぜひ今回ご紹介したクラウドストレージから好きなものを選んで、使用感を確かめてみてください。

 

 

【関連する人気記事】

\ SNSでシェアしよう! /

アンドロイド辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アンドロイド辞典の人気記事をお届けします。

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

businessofd

クラウドワークスで、フリーランスとして活躍中。
今まで培ってきたITの知識や技術を活かして、さまざまな記事を執筆しています。

AppleよりはAndroid派で、オープンソースという性質上さまざまなAndroidが存在するのも魅力だと思っています。
最近のマイブームはキャッシュレスアプリで、コンビニなどで待たずにサッと決済できる利便性は手放せません。
Androidにさまざまなキャッシュレスアプリを入れて、メリット・デメリットを比較しながら使うのがクセになっています(笑)。

人気の記事

  • Androidの『アクション』ゲーム!おすすめランキング7選

  • Androidの顔文字アプリ7選!安全で安心して使えるのは何?

  • AndroidでAmazon PrimeやYouTubeなどの動画がうまく再生されない!そんなときの対処法

  • 【100均で買える】Androidスマホに使えるおすすめアクセサリーをご紹介

  • Androidで通話録音!相手の声を残す方法とは?

  • Androidで使える「モバイルSuica」と「モバイルSuica/GooglePay」を比較