• TOP
  • アプリ
  • 【Android】スプレッドシートが超便利!スキマ時間で表計算

【Android】スプレッドシートが超便利!スキマ時間で表計算

表計算というとエクセルが有名ですよね。
エクセルがあれば、会計をまとめたり、データを集計したりするのにとても便利。

でも、
「エクセルを使用するにはソフトを購入しないといけない」
「プライベートではパソコンを使っていない!」
なんて思っている方も多いのではないでしょうか。

実は、パソコンやエクセルを持っていなくても、Androidスマホを使えば表計算が出来てしまうんです。
Androidスマホを使って表計算ができれば、ちょっとした時間に仕事ができてしまいますよ!

今回はそんな表計算ができるスプレッドシートについて詳しく解説していきます。

スプレッドシートとは?

出典:GooglePlay

スプレッドシートとは、Googleがリリースしているクラウド上のサービスです。
エクセルと同じく表計算ができるソフトで、パソコンのブラウザかスマホのアプリで利用できます。

スプレッドシートでできるのは、リストの作成や表計算など。
スプレッドシートを使えば、複雑な計算であっても表に数値を入力するだけで、自動で計算してくれます。

このスプレッドシートを利用するのに必要なのは、アプリをインストールし、「Googleアカウント」を作成するだけ。
誰でも簡単に利用できるので、気になる方はインストールとアカウント作成をしてみましょう。


エクセルとは別物

普段、エクセルを利用している方ならスプレッドシートを見た時にエクセルとそっくりだと思うかもしれません。
しかし、Google スプレッドシートは、エクセルとは別物です。
エクセルで作成したファイルをスプレッドシートで開くこともできますが、完全に互換性があるわけではないので注意しておきましょう。

エクセルではファイルを保存しなければいけませんが、スプレッドシートはオンラインで管理されているので保存の必要がなく、自動で保存されるのが大きく異なる点です。
エクセルではコンピューター上で処理を行いますが、スプレッドシートの場合は Googleのサーバー上で処理を行うので、処理速度に関してはエクセルの方が優れています。

スプレッドシートの良いところ

スプレッドシートのいいところは

  • 基本的に無料で利用できる
  • いつでも表計算ができる
  • 編集履歴が残る
  • ほかの人とファイルを共有できる

といった点です。
順番に解説していきましょう。

基本的に無料で利用できる

スプレッドシートは、Google アカウントを作成するだけで利用できます。
そのため、アプリを購入する必要がなく無料で利用が可能です

スプレッドシートは、 Googleドライブというクラウド上のストレージに保存され管理できます。
複数のファイルを作成したとしても、パソコンのようにフォルダごとに分けて管理ができてしまうのです。

基本的な性能は、エクセルにも全く引けをとりません。
そんなアプリが無料で利用できるのはとても嬉しいですよね。

いつでも表計算ができる

スプレッドシートは、Androidスマホで使用できるので、電波さえ入っていればいつでも表計算ができます。
そのため、パソコンを開くのが難しい電車などでも表計算ができるのでとても便利。

移動の際にスプレッドシートの数値を入力したり、これまで作成していた関数に間違いがないかどうか確認できます。
移動に時間を取られて仕事が進まないという方でも、スプレッドシートを使えば隙間時間を有効活用できます。

編集履歴が残る

スプレッドシートでは、データを保存する必要がなく編集履歴が自動的に残ります。
そのため、前回の状態に戻したい際に、手動で元に戻すのではなく履歴からデータをもとに戻せます。
データのバックアップを取るのは面倒という方には、とてもありがたい機能となってくれるはずです。

ほかの人とファイルを共有できる

スプレッドシートは、クラウドサービスなので他の人と共有もできてしまいます。
共有する人も選択できますし、 共有するレベルも設定できるのでセキュリティ的にも安心です。
作成したスプレッドシートの閲覧のみができるモードや編集が出来るモードがあり、その時々の状況に合わせてモードを変更できます。

複数の人で同時に同じスプレッドシートを編集が可能です
それぞれの作業内容が、リアルタイムで更新されていくので、データ入力が非常に効率的に行なえます。

他の人にファイルを共有する機会は意外と多いもの。
スマートに複数人で編集できるこの機能はとても便利です。

スプレッドシートを使う際の注意点

とても便利なスプレッドシートですが、いくつか注意点はあります。

  • エクセルファイルのインポートはエラーが出る場合もある
  • オンラインでの使用が前提

これの点については知っておいた方がいいので、詳しく解説していきます。

エクセルファイルのインポートはエラーが出る場合もある

スプレッドシートをエクセルのファイルをインポートできますが、場合によってはエラーが出る可能性があるので注意が必要です。
フォントが対応していないとレイアウトが崩れたり、グラフなどソフト固有のデータは参照がうまくできなかったりする可能性があります。
フォントやグラフにこだわる方は、この点に注意しておいた方がいいかもしれません。

オンラインでの使用が前提

スプレッドシートは、クラウドサービスなのでオンラインでの使用が前提となっています。
そのため、完全オフラインでの作業には適しません。
電波状況が悪い場合は、うまく動作しないので注意しておきましょう。
電波が不安定な状況では、入力のレスポンスが遅れてしまい、快適に入力ができないなどの問題が発生してしまいます。


スプレッドシートには、オフラインアクセスを有効にするモードもあります。
しかし、その設定自体はオンラインの状態で設定する必要があり、事前の準備が必要です。
電波が不安定と予想される場合は、事前に準備しておいてください。
スプレッドシートはオンラインでの使用が前提ということは頭に入れておきましょう。

まとめ

スプレッドシートがスマホでも使えるようになると、隙間時間に仕事を進めることも出来るようになります。
無料でこれだけの機能を備えていて、共有もできるスプレッドシートはとても便利。
まだ、スプレッドシートを使ったことがない方は、是非一度使ってみてください。

 

 

【関連する人気記事】

\ SNSでシェアしよう! /

アンドロイド辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アンドロイド辞典の人気記事をお届けします。

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

北斗

Androidスマホで、遊びから仕事まで何でもこなします。
最近はスマホの音声入力に夢中!
ちょっとしたAndroidアプリのノウハウをお届けします!

人気の記事

  • Androidで『スタミナ無し』のゲームはある?!おすすめ9選

  • OPPO Reno Aを買ってみたのでレポートします!

  • 初めてAndroidスマホを使う人向け基本マニュアル

  • AndroidスマホのSIMロック解除の方法について│SIMロック解除するメリットと注意事項

  • スマホの不調を改善させたい!修理に出す前に自分で直してみよう♪

  • AndroidのBluetoothが自動接続しない&切れる時の対処法!