最強のゲーミングスマホ ROG Phone2をレビュー!

PCに詳しい人には有名なメーカーASUSのゲーミングブランドROG。

そのROGから2019年末に発売された最強のゲーミングスマートフォンが「ROG Phone 2」です。

最先端のCPUや大容量メモリなどゲームを快適に楽しむための機能が豊富に搭載されているスマホです。

今回は、そんなROG Phone IIのレビューをお届けします。

ROG Phone IIとは?

ROG Phone II (ROG Phone 2)とは、ASUSから発売されているハイエンドゲーミングスマホです。

ゲーミングスマホの名の通り、スマホでゲームをするのに特化した設計になっています。

最新のゲームも最高画質で楽しめますし、バッテリー持ちも良いので長時間ゲームを楽しめます。

スペック

ROG Phone IIのスペックはこのようになっています。

OS Android 9
本体サイズ 170.9×77.6×9.4mm
重量 240g
ディスプレイ 解像度:2340×1080
リフレッシュレート:120Hz
反応速度:1ms
CPU Snapdragon 855 Plus 2.96GHz
メモリ 12GB
ストレージ 512GB / 1TB
バッテリー 6,000mAh
SIM nanoSIM × 2
おサイフケータイ なし
ワンセグ なし
指紋認証 画面内
価格 105,500円 / 125,500円

CPUは2020年1月現在で最高のスペックを誇るSnapdragon 855 Plusを搭載しています。

最高スペックですので、どのようなゲームも動画も最高のパフォーマンスを発揮できます。

メモリは特大の12GBを搭載、ストレージは512GBか1TBとまるでゲーミングPCみたいです。

 

バッテリーはなんと6000mAhの超大容量!

iPhone11 PRO MAXが3,969mAhなので倍近くもバッテリー容量が多いことになりますね。

バッテリー容量が多いので、もちろんバッテリー持ちはスマホでもトップクラスです。

急速充電「Quick Charge 4.0」に対応しており0%から約80%までの充電が約1時間で完了します。

 

しかし、使用するに当たり注意すべき点もいくつかあります。

おサイフケータイ(FeliCa)に対応していないためおサイフケータイによる決済はできません。

また、ワンセグにも対応していないので出かけ先でテレビを視聴する事もできません。

ゲームコントローラーのような操作(L、Rボタン)

ROG Phone IIには「AirTrigger II」という機能がありゲームコントローラーのL,Rボタンのような操作が可能です。

スマホの人差し指が触れる箇所をゲームの操作に割り当てることができるのです。

例えばPUBGモバイルで射撃ボタンを右人差し指(Rボタン)に割り当てるなど、まるで家庭用ゲーム機のような操作が可能です。

ゲームプレイに最適なサイド充電

充電しながら横向きのスマホゲームをプレイしていると充電ケーブルが邪魔に感じた事も多いでしょう。

ROG Phone IIならそんな心配はありませんよ!

横側にも充電端子があるので充電ケーブルを気にせずにゲームに集中できます。

この配慮、流石はゲーミングスマホって感じですよね。

ハイレゾ対応のオーディオ機能

ROG Phone IIはハイレゾ音源に対応する高性能オーディオエンジンを搭載しています。

また、イヤホンやヘッドホンをそのまま使用できる3.5mmステレオミニジャックを搭載

最近のiPhoneではステレオジャックが無くなった事を残念に思っている方も多いようですし、これは嬉しいですね。

ノイズキャンセリング機能も搭載しているためクリアな音声でのボイスチャットも可能です。

ゲームコントローラーのような振動機能

ROG Phone IIにはゲーム内のアクションに合わせ本体を振動させる機能が搭載されています。

まるで家庭用ゲーム機のような振動機能でゲームへの没入感を高めてくれます

ROG Phone IIを拡張する豊富なアクセサリ-

AeroActive Cooler II

スマホでゲームをプレイしていると端末の熱が気になることも多いですよね。

ROG Phone IIならその心配はありませんよ!

ROG Phone IIには強力な外付けの冷却ファンが付属しています。

これを使用することで高負荷なゲームをプレイしている際の発熱を抑えてくれます

発熱を抑えることでパフォーマンスの低下を防いだりデバイスの寿命を伸ばすことができます。

ASUS Mobile Desktop Dock II for ROG Phone II

ROG Phone IIには別売りの専用ドックが販売されています。

数多くの接続端子に対応しモニター、キーボード、マウス、有線LANなどを接続できます。

Nintendo SwitchのTVモードを使用するためのドックみたいな物です。

ただし、ゲームよってはマウスやキーボードを使用することが不正行為となっている場合もあります

プレイするゲームのルールやマナーを確認してから使用するようにしましょう。

TwinView Dock II

ROG Phone IIは別売りのTwinView Dock IIを使用することで2画面化することができます。

まるでNintendo 3DSみたいなゲーム機に早変わりしてしまいます!

例えば、上画面でオートゲームを流しつつ下画面でゲームをプレイしたり

上画面でゲーム攻略情報を確認しつつ下画面でゲームをプレイしたりできます。

ROG Phone IIをオススメする人

ROG Phone IIの機能や特徴が分かったところでROG Phone IIがあなたに向いているか考えてみましょう。

ROG Phone IIを買うメリットがあるかないか一緒に考えてみましょう。

あらゆる性能がトップクラス

ROG Phone IIは先程から紹介している通りあらゆる性能がトップクラスです。

ありとあらゆる使用方法に対応し性能不足はありえないと言えます。

しかし、あまりにも性能が高すぎるため普段使いにはオーバースペックとも言えます。

あなたがスマホをLINEや動画視聴程度にしか使わないのであればROG Phone IIを買う必要は無いでしょう。

安い買い物ではない

ROG Phone IIはストレージが512GBと1TBの2種類が存在します。

どちらも値段は100,000円以上と決して安い買い物ではありません

別売りのアクセサリーはどれも20,000円以上するものばかりです。

値段は高いですが値段以上の性能なのでコスパ自体は非常に高いです。

まとめ

最後にROG Phone IIについて総評を行いたいと思います。

ROG Phone IIはゲーミングスマホの名の通りゲーマー専用のスマホと言えます

スマホでゲームを本気でプレイしたい人にとっては最高のデバイスでしょう。

しかし、スマホでゲームをプレイしない人にとっては性能を持て余すことになるでしょう。

最高のゲーム環境を求めるのであれば購入を検討してみましょう。

 

 

【関連する人気記事】

\ SNSでシェアしよう! /

アンドロイド辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アンドロイド辞典の人気記事をお届けします。

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

べすれい

べすれいと申します。
スマホゲームを開発している会社で働いていた経験があります。
AndroidとiPhoneを使用した結果、Androidに落ち着いています。
スマホゲーム開発の経験も活かし、スマホの便利情報をお伝えできればと思います!

人気の記事

  • AndroidのNFCが反応しない時に試すべき6つの対処法!

  • Androidの『経営』ゲームと言えば?おすすめランキング5選

  • テザリングのやり方【au編】androidでネット共有する5つの手順を解説

  • Androidの『野球』ゲーム!おすすめランキング9選

  • 手軽に稼げる!おすすめのお小遣いアプリを選び方も含めてご紹介します

  • Androidスマホでも使えるGoogleDriveの便利な使い方