• TOP
  • トラブル
  • GooglePayにクレカ設定「iDとして設定できない」と表示されたときの対処法【Android】

GooglePayにクレカ設定「iDとして設定できない」と表示されたときの対処法【Android】

スマホをタッチするだけでスマートなお買い物ができる「GooglePay」

GooglePayを利用するにはアプリをダウンロードして、クレジットカードを設定し、利用する電子マネーを選ぶ必要があります。

「Suica」や「楽天edy」「WAON」「nanaco」「iD」「QUICPay」「VISAタッチ決済」など幅広い電子マネーに対応しており、このアプリ1つで普段のお買い物のほとんどに対応できるでしょう。

そんな便利なGooglePayですが、電子マネー「iD」を利用するためにクレジットカードを設定する際、「設定できない」というエラーが表示されることがしばしばあります。

正しい手順で設定しているのにこのような表示が出る原因には何があるのでしょうか。

今回はGooglePayでiDが設定できないとお困りの方に向けて、その原因と解決方法を解説していきます。

GooglePayに対応クレジットカードを登録すると電子マネー「iD」として使える

GooglePayはスマホに搭載されたFelica機能を利用して、端末をタッチするだけで支払いができるウォレットアプリです。

スマホのロックを解除したり、アプリを起動したりする必要がなく、スマホをそのままタッチするだけでいいので支払いが非常にスムーズです。

GooglePayでは2020年現在、以下7つの電子マネーが使えます。

GooglePayで利用可能な電子マネー
  • Suica
  • 楽天edy
  • WAON
  • nanaco
  • iD
  • QUICPay
  • VISAタッチ決済

電子マネーの利用には「チャージ用」または「決済用」のクレジットカードを登録する必要があります。

チャージ型の電子マネーでは「チャージ用」として、ポストペイ型の電子マネーでは対応するクレジットカードを設定します。

GooglePayにクレカを設定する方法

GooglePayでクレジットカードを設定するには以下の手順で操作を行います。

  1. GooglePayアプリを起動する
  2. 画面下部の「支払い」をタップする
  3. 「+お支払い方法」をタップする
  4. 「クレジット/デビット/プリペイド」をタップする
  5. スマホカメラでカードを認識or手動でカード番号を入力する
  6. 有効期限、セキュリティコードなど必要情報を入力する
  7. 各種確認などを行って設定完了

これでクレジットカードの設定が完了できます。

GooglePayでiDとして登録できるクレジットカード一覧

GooglePayで電子マネーiDを使うには、iDに対応したクレジットカードを用意しなければなりません。

「Suica」「WAON」「楽天edy」「nanaco」といったチャージ型の電子マネーはどのクレジットカードでも使えますが、ポストペイ型の「iD」では、対応するカードが限られます。

iDに対応したクレジットカードの発行会社は下記の通りです。

  • ライフカード
  • 三井住友カード

上記のカードでなければGooglePayでiDを使うことはできません。

GooglePayにクレカを設定したときに「iDとして設定できない」と表示される原因

GooglePayでiDを使うために対応するクレジットカードを設定した際、「iDとして設定できない」というエラー表示がなされます。

クレジットカードとしては登録できているのに、iDだけが使えない状態になります。

せっかくGooglePayのiDに対応したクレジットカードを持っているのに設定できないのは不便ですよね。

このようなエラー表示が出る原因には以下の3パターンが考えられます。

  • GooglePayアプリが最新バージョンじゃない
  • おサイフケータイアプリが最新バージョンじゃない
  • スマホのOSが対応していない

それぞれの原因を詳しく解説します。

GooglePayアプリが最新バージョンじゃない

GooglePayのアプリのバージョンが最新の状態になっていないとiDが設定できないエラーが発生します。

GooglePlayストアからGooglePayアプリのページを開き、最新バージョンにアップグレードして解決しましょう。

おサイフケータイアプリが最新バージョンじゃない

GooglePayアプリは、Androidスマホに搭載されているおサイフケータイアプリと連携して使用します。

このおサイフケータイアプリの方でもバージョンが最新のものになっていないとエラー表示が出ることがあります。

こちらについてもアプリのバージョンを確認してアップグレードしてください。

スマホのOSが対応していない

GooglePayアプリを利用するためのスマホのOSが対応していない可能性も考えられます。

GooglePayでは、Android5.0以降が搭載されているスマホでないと使えません。

お使いのスマホのOSバージョンを確認して、GooglePayに対応しているかをチェックしてください。

GooglePayでiDとして使うなら三井住友VISAカードがおすすめ

GooglePayでiDを使うなら「三井住友VISAカード」がおすすめです。

30年ぶりにカードデザインが刷新され、キャッシュレス時代への変化を積極的に起こしているカード会社でもあり、お得なキャンペーンも実施中です。

今なら新規入会でカード利用金額の20%が還元されます。

還元上限は12,000円までとなっているので、60,000円までのお買い物で20%が受けられるという破格のキャンペーンです。

また、三井住友VISAカードをGooglePayに登録してiDとして利用すると2,000円分の利用金額がタダになるキャンペーンも実施中です。

還元キャンペーンを目当てにキャッシュレス 決済を始めようと思っている方にとって非常に魅力的なクレジットカードではないでしょうか。

まとめ

GooglePayでiDを設定する際にエラー表示が出る原因について解説していきました。

アプリのバージョンやスマホのOSが基本的な原因なので、1つ1つ確認して対処すれば全く問題ありません。

GooglePayでiDが使えればチャージ不要でスマホをタッチするだけのスマートなお買い物が可能になります。

お得なキャンペーンを実施しているクレジットカードもあるので、この機会にGooglePayを利用してみてください。

 

 

【関連する人気記事】

\ SNSでシェアしよう! /

アンドロイド辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アンドロイド辞典の人気記事をお届けします。

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

mur1mot0tty

クラウドワークスなどでフリーライターとして活動中。
スマホアプリやキャッシュレスなどの記事制作を多数請け負ってきました。
ライターとして身につけた知識をお伝えしていきたいと思います。

人気の記事

  • AndroidのNFCが反応しない時に試すべき6つの対処法!

  • Androidの『野球』ゲーム!おすすめランキング9選

  • AndroidでAmazon PrimeやYouTubeなどの動画がうまく再生されない!そんなときの対処法

  • 家計簿つけるならこれ!Androidのおすすめアプリ4選

  • 【緊急】Androidを紛失した時の探す方法!手順を画像で紹介!

  • 【Android】スマホ容量を効率よく削減!おすすめ無料クラウドストレージアプリ5選