1. TOP
  2. 便利ノウハウ
  3. 格安SIMの選び方!目的別のおすすめ商品を紹介
Sponsored Links

格安SIMの選び方!目的別のおすすめ商品を紹介

 2017/11/19 便利ノウハウ
  90 Views

    ここ数年で飛躍的に
    会社数と利用者数を伸ばしている
    格安SIM。

    それぞれの会社に特徴があり、
    どこが良いのかわからないという人も
    多いと思います。

    携帯ショップに来るお客様の中にも

    格安SIMに乗り換える

    とMNP予約番号を希望される人が
    増えてきて相談を受けることが
    多くなってきました。

    料金が安くなることは知っていても、
    どれが自分に合うものなのかは
    分からないという人は多いです。

    そこで今回は
    元携帯ショップ店員の私が
    目的別での格安SIMの選び方や
    おススメの事業者を紹介をしていきます。

    各社の特徴や魅力を
    目的別に分けて
    分かりやすく説明していきますので
    格安SIM選びの参考にしてください。

    Sponsored Links


     

    音声通話をしたい!

    格安SIMには大きく分けて
    2種類のSIMがあります。

    • 音声通話対応SIM
    • データ通信専用SIM

    もし、格安SIMにした場合、
    音声通話対応SIMで契約しないと
    通話ができません。

    ではその通話専用SIMの中での
    おススメのSIMは次のものです。

    BIGLOBE SIM

    ICT総研2017年6月調べで
    『データ通信品質・
    安定性 2年連続満足度』がNo.1

    3分かけ放題の通話オプションを
    つけても月々2,378円で利用できます。

    OCN モバイル ONE

    格安SIM業界初のかけ放題プラン

    『トップ3かけ放題』
    『かけ放題ダブル』

    があり通話オプションに強いです。

    『トップ3かけ放題』は
    月額918円で、その月の国内通話料
    上位3番号の通話料が0円になります。

    『かけ放題ダブル』は
    月額1,404円で、1通話あたり
    10分以内の国内通話が無料。

    また、上記を適用した残りの国内通話料
    上位3番号の通話料が0円になります。

    もしもシークス

    音声プランに特徴があり、
    5分以内の国内通話が無料になる
    『かけたい放題ライト』(2,624円~)と、

    通話が無制限に利用できる
    『かけたい放題フル』(3,650円~)の
    2種類があります。

    この『かけたい放題フル』は
    格安SIMとしては初の
    通話料が完全に無料になります。

    FREETEL SIM

    音声通話付きで1,028円~使えます。

    またかけ放題オプションもあり、
    1分かけ放題で1,508円~
    5分かけ放題で1,985円~
    10分かけ放題で2,696円~で
    利用することが出来ます。

    Sponsored Links


     

    au回線を使いたい!

    格安SIMはdocomo、au、Softbankの
    どこかから回線を借りて
    通信提供をしています。

    auで使ってる端末をそのまま使いたい。

    今は使っていないけど、
    au回線で通信したいという人には
    以下の事業者がおススメです。

    UQ mobile

    CMで話題となったUQ mobile。

    辛口批評誌「家電批評」にて、
    格安SIM部門の
    『ベストバイ・オブ・ザ・イヤー 2016』と
    『RBB TODAY格安SIMアワード 2016
    通信速度部門』を2年連続No1受賞し、
    通信速度の安定さに定評があります。

    mineo

    『価格.com 満足度ランキング 2016』
    (SIMカード部門)第1位を獲得しています。
    余ったデータを
    翌月に繰り越すことが出来るのも特徴です。

    IIJmio

    MMD研究所の『お客様満足度調査』に
    3年連続で1位に選ばれた格安SIMです。

    月額1,728年で
    高速データ通信が3GB使えます。

    ソフトバンク回線を使いたい!

    ではソフトバンク回線が使いたい場合は
    どこがおススメなのでしょう。

    docomoやau回線を借りている
    事業者は多いですけど、
    Softbank回線ってなかなか聞かないですよね。

    Softbank回線を使った
    おススメの事業者は以下の事業者です。

    Y!mobile

    『ふてにゃん』でおなじみのY!mobile。

    格安SIMにしては珍しく
    店舗運営をしている事業者なので
    困ったときのサポートや
    アフターフォローが充実しています。

    U-mobile

    動画見放題で有名な『U-NEXT』が
    サービス提供をしています。

    最大30GBのデータ通信が
    月々4,980円で利用が可能です。

    ロケットモバイル

    安さが売りの事業者で業界最安値の
    月額1,023円~利用することが出来ます。

    また、プラン変更時に
    適応を翌月か、即日で選択出来るので、
    データ量が足りなくなりそうだったら、
    すぐにプラン変更が出来るのも
    魅力の一つです。

    Sponsored Links


     

    通信量を気にせず使いたい!

    料金は下げたい。
    でもその分通信量が減ってしまっていたのが
    少し前までの格安SIMでした。

    ですが、今は格安SIMでも
    安価で大容量のプランが出来てきています。

    通信量は減らしたくないという人には
    以下の事業者がおススメです。

    U-mobile

    上項でも出ましたU-mobile。

    Softbank回線での契約の場合、
    30GBで4,980円

    docomo回線での契約の場合でも
    25GBで3,110円
    利用することが出来るのです。

    ぷららモバイルLTE

    docomo回線を利用する格安SIMで

    月額2,760円でネットが無制限で
    使い放題になります。

    通信速度も上下最大3Mbpsなので
    思う存分ネットを楽しむことが出来ます。

    ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE

    docomoのLTEもしくは3G対応端末で
    利用できるSIMカードとなっています。

    全国のdocomoのネットワークを利用でき、
    月額は452円で250kbpsの通信を
    無制限で使えます。

    さらに専用アプリから
    日本全国40,000ヶ所以上ある
    公衆無線LANスポットが
    使い放題になります。

    海外で使いたい!

    日本で使うのでも金額や使い方で
    不安なことがあるのに、

    海外で使うとしたら、
    使えるのかもっと不安になりますよね?

    格安SIMを海外で使用する場合、
    『海外ローミング』に
    対応している必要があります。

    『海外ローミング』にも対応していて
    おススメのSIMは以下のものです。

    mineo

    『海外ローミング』対応しているので
    海外に持っていき、渡航先で
    “海外モード”に切り替えることで
    使うことが出来ます。

    ですが、使えるのは
    音声通話とSMSのみなので、
    データ通信をしたい場合は
    『海外用プリペイドSIM』を
    使用した方だ良いでしょう。

    プリペイドSIMなので、
    料金は前払いのため、
    使いすぎることもなく、
    安心して使えますね。

    楽天モバイル

    音声通話対応のSIMであれば
    楽天モバイルでも
    『海外ローミング』を使用した
    海外利用は可能です。

    しかし使えるのは音声通話のみなので
    データ通信をしたい場合は
    海外SIMを用意したほうが良いでしょう。

    トラベルSIM

    格安SIMではなく、
    海外旅行に行く人向けにある
    プリペイド式の海外SIMになります。

    利用料金が安く、前払いのため
    使用後に高額請求がきて
    ショックを受けることもなくなります。

    ⇒ トラベルSIMの詳しい利用料金はこちら

    Sponsored Links


     

    複数枚契約したい!

    スマホとタブレット
    iPhoneとAndroid

    など、1人で複数台持つ人も
    少なくありません。

    その複数台持っている携帯の金額を
    まとめて下げたい場合や、

    家族全員分のスマホの料金を
    下げたい場合、

    格安SIMの高速データ通信量を
    複数枚で共有すること
    月々の金額を下げることが
    出来るようになります。

    そこでまとめるのにおススメのSIMが
    以下のものです。

    IIJmio

    余ったデータ容量の翌月繰り越しができ、
    全プランが複数SIMに対応しているので
    まとめるのに最適です。

    2枚目以降のSIMの料金は、
    SIMの種類や枚数に応じて
    月額料金が追加になります。

    データSIMなら無料、
    音声SIMなら1枚あたり700円かかります。

    エキサイトモバイル

    10段階に細かくプランが分けられていて、
    1つの契約で3枚以上のSIMカードが使えます。

    データ容量を無駄なく利用したい人
    複数の端末を所有する人には
    もってこいの格安SIMです。

    hi-ho LTE typeD

    hi-ho LTE typeDのSIM複数枚プランは
    2種類あり、最安のもので
    月額1,409円で3GBまで利用でき、
    SIMも3枚まで共有が出来ます。

    Sponsored Links


     

    とにかく安くお得に!

    普段、携帯を使っていても
    電話の数も少なく、データ量も多くない

    それならば、とにかく月額を下げたいと
    思いますよね?

    そんな人には
    以下の事業者がおススメです。

    DMMモバイル

    電話番号もそのまま移行出来て
    格安SIMにありがちな
    不通期間もほぼ無く乗り換えることが
    可能なSIMです。

    月額1,231円~利用ができ、
    通話料は30秒辺り21.6円で
    かけた分だけ発生し、
    データ量は無制限ですが
    速度は低速です。

    楽天モバイル

    月額1,350円~利用が出来ます。

    通話料は通話した分だけで
    データ量は低速ではありますが
    制限はありません。

    DTI SIM

    高速データ通信が1GBでき、
    月額はなんと1,296円~利用できます。

    通話料は30秒毎に21.6円発生します。

    Sponsored Links


     

    格安SIMの注意点!

    格安SIMは料金が安い分、
    通信品質はあまり良いとは言えず、
    速度が安定しないという
    注意点があります。

    通信が集中する平日の昼頃は
    特に速度が低下しやすくなっています。

    それを知らないまま契約をし、
    後悔をして3大キャリアに戻るという
    人も少なくなかったです。

    なので、そこをふまえて
    納得した上での契約をおススメします。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。

    だんだん高額になっていった
    携帯料金も、

    自分の使い方とプランを
    しっかりと合わせていけば

    今の環境を変えることなく
    金額を抑えて使うことが
    可能になるのです。

    妥協も後悔もしないためにも
    よく吟味する必要がありますので
    今回の記事が役に立てばと思います。

    Sponsored Links



    新型登場!『iPhone8/X』の予約なら
    ついに発売!iPhone8/Xのオンライン予約!
    在庫の確保が確実なのはオンライン♪

    ■オンライン予約5つのメリット■

    ・24時間いつでも申し込める
    ・余計なオプションに入らなくて良い
    ・自宅受け取りで待ち時間なし
    ・発売当日にiPhoneを受け取れる
    ・店頭で事務手数料を払わなくて良い

    など、オンライン予約なら余計な
    『時間』や『出費』がかからないですよね♪









    \ SNSでシェアしよう! /

    アンドロイド辞典の注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    アンドロイド辞典の人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア

    Sponsored Links

    ライター紹介 ライター一覧

    うぶ